このページの先頭です

PlayGirl

インタビュー

ラグジュアリー

香里奈、平愛梨似のチョ~美人が、チョ~エ○チ好き!

まず、美人です。プロフィール写真では口元隠しですが、でも、十分に美人な子だとわかるのではないでしょうか。女の子選びでビジュアルを重要視する方は、即決で決めちゃってOKです。そして、エロさのほうはと言うと…、こちらはもっと申し分なし! さらには、めっちゃいい子! なので、取材記者として皆さんに一言。お客になれる皆さん、めっちゃ羨ましい~!!


お店入って、変化したことってある?
「あ~、変わりましたね~。うふふ。エ○チに対するイメージが、変わったかも」
ほうほう。
「うふふ。まぁ、お店入る前から、エ○チするのは好きだったんですけど、前は、エ○チの時って、女の子は動いちゃダメなのかな~って、なんか思ってました。男の人がすることを、私は受け止めることが役割なのかなって勝手に思い込んでて。でも、お店入ってからは、私も動いていいんだ、って思えるようになったし、その楽しみも覚えたかもな~って思いますね」
なるほど~。
「うふふ。まぁ、入ってすぐの頃って、やっぱりソープって、エ○チのプロにもならなきゃ! って気持ちがどこかにあったのかも知れないです。だから、そういう想いからも最初は動き始めたんですけど、そこから、あ、エ○チって、お互いであれこれするほうがもっと楽しくなるじゃん! って思えるようになったのかなって。それで、自然とお互いに気持ち良くなるように、し合うエ○チを求めるようになって来たのかなって」
なるほどね~。じゃあ、攻め受けに好みはある?
「あ~、そこなんですよね~。そこ、ほんといま、迷っちゃうんです。前は、受けることしか知らなかったってぐらいだったし、それはそれで、気持ち良いから好きだったんですけど、でも、いまは、自分から動いて攻める楽しみも知っちゃったしな~って思うしで。だから、私って、攻め、受け、どっち派なのかな~って思うし、どっちも好きだしな~って思うんですよね」
いいね~。素晴らしいじゃん。じゃあ、オールマイティーな子でもあると。
「うふふ。そうですね~。どっちも楽しいですね~」
うんうん。じゃあ、質問の角度を変えて、攻め受け、どっちのほうがエロくなる?
「うふふ。それだと…、攻めてる時ですかね」
ほ~! ということは、お店で攻めを覚えて、エロくなった?
「うふふ! そういうことにもなっちゃいますね。えへへ♪」
いいね~! ちなみに、どんな風にエロくなるの?
「まぁ、これもいろんなパターンあるとは思うんですけど、私の場合は、お客さんの求め方によって、エロくなっちゃう姿が違うかもしれないですね。その中でもまぁ、私が1番エロくなっちゃうのは…、お客さんに、『もっともっとエロくなって』って求められたら、って感じなのかも知れないです」
ほ~!
「うふふ。そんなスタンスのお客さんだったら、もう、い~っぱいエロく見えるようなこととか、気持ち良いこととかを、た~っぷりしちゃいます♪」
うひゃ~! こんなに美人な子が、ノリノリにエロくなっちゃうと!
「えへへ! そうなっちゃうのは、私も楽しいので。あと、私が受けになるのもちろん好きなんですよ? 受けになるときは、逆に、なれる分だけエ○チぃ~になって受け止めて、で、交代ってなったら、なれる分だけエ○チぃ~になってお返ししちゃいますし」
最高だな~。どっちに転んでもエロエロと。
「うふふ! そうなっちゃってますね~。それもこれも、全てはソープで成長しましたので」
ほ~! なんだか、楽しんでる感じがすごい伝わって来る!
「うふふ! はい。エ○チの楽しさ、知っちゃいましたね。やっぱり、エ○チの快感って経験しないとわからないことなんだな~って思いますもん。プライベートで彼氏の何人かとって感じだけだと、わからないことがいっぱいだなって。お店で、いろんなお客さんとエ○チしてみて、あ~、こんなにエ○チっていろんな幅があるんだ! って知れたといいますか。そしたら、楽しくって楽しくってで」
いいね~。
「あと、男性のエ○チとしても、こう来るだろうな、って少しでも予想が立てれたら、それに対して私は、どうでたらもっとお互い興奮するエ○チになるだろう? って、考えれるようにもなってこれたんですよね。そうすると、またさらに興奮しちゃうような展開に、膨らみを持たせられるような感じも感じてて」
ほ~! すごいね~!
「いえいえ。ほんと、前は受けるだけしか知らなかったから、やっといろんな面からエ○チを見れるようになっただけなんだと思います」
素晴らしいわ~。視野が広がったんだね~。
「そうですね~。あと、お互いに気持ち良くなるエ○チを、っていう気持ちも大きくなりましたね。受けるだけだと、その気持ちはなかったので。一方通行の想いを、与える側、受ける側で、エ○チしてた、みたいな」
なるほどね~。
「あと、最近は、そこからもう少し先の気持ちもあって、お互いに、どうすればさらに相性いい感じになれるだろう? っていうのも考えるようになって、それを合わせる努力もするようにしてるんですよね。で、結果的に、相性もいい感じに合わせれるもんだな~って思えるようにもなって来ましたし」
うひゃ~! そんなことまで出来ちゃうと! 凄い!
「うふふ。歯車って、合わさらないと上手く回らないじゃないですか。その歯車があってないときは、歯車の歯を、自分で変えちゃえばいいんじゃん、って感じで」
…! 凄すぎる! こんなにエロ深い話になるとは想定してなかった!
「あはは。いえいえ~。でも、まだまだ先はあると思ってますぅ~。うふふ♪」

とってもエロ~くなる展開を教えて?
「うふふ。そうですね~。まぁ、やっぱりお互いにって気持ちは大きいので、お互いに攻め受けはし合いたいですね。なので、最初は、男性に攻めて欲しいかな。それで、今度はお返しに、って感じで、私からたっぷりお返ししたいです」
うんうん! じゃあ、どんな風に攻められたい?
「まずは、チュウして欲しいです。あ、なんか、さっきは、ソープだから~、とか、ソープらしく~、とか言ってましたけど、大前提にあるのは、普通に男女として、ってところを大事にしたいんですよね。だから、無茶な感じとか、あまりにもAVの世界じゃん~、みたいな現実離れしたようなのじゃなく、普通~な感じが好きなんです。リアルなので。だから、まずは、お口に、いっぱいチュウして欲しいです。想いのこもった、ディープキスを」
うんうん。想いのこもったって部分、大事そうだね。
「そうですね~。ここ、めっちゃ大事だと思います。私も、ディープキスしてくれたら、あ、私のことを好きに思ってくれてるんだ! って感じれるんですよね。逆に、舌があんまり絡まないと、大丈夫かな? 私のこと、どう思ってるのかな? って、不安になっちゃう」
なるほどね~。じゃあ、遠慮だったら?
「いや~、キスに遠慮はいらないと思います。むしろ、気持ちを入れてぶつけて来て欲しいです。私も、全力でお客さんの気持ち受け止めたいので」
素晴らしいね~。そう言ってもらえると、お客さんも励みになるだろうね。
「いえいえ~。まだまだ、ここからですので」
うんうん! じゃあ、続きは?
「カラダとかも、ソフトタッチでいろいろと触って来て欲しいです。カラダも敏感なので、いろんなところを」
うんうん。じゃあ、性感帯は?
「あ~、性感帯ですよね~。これ、難しいんですよね~。なんか私、その時々で敏感な場所が変わったりするんです。この人のときは乳首めっちゃ気持ち良い! って感じることもあるし、この人のときは、オッパイ全体が気持ち良い! って感じることもあったりで」
へ~。じゃあ逆に、苦手は?
「あんまりないんですけどね~。まぁ、あんまり強い感じで、ガシガシされたりするのは痛くなっちゃうっていうのはありますけど」
うんうん。
「あっ、あと、回りから中心に~、ってされるのがなんでも好きかも。たとえば、オッパイも、オッパイの回りから、ゆ~っくり触られて、軽く揉んでもらって、それで乳首、って感じの流れで来たりすると、乳首感じちゃうようになる事が多いんですよね」
なるほど。これは、ジラされ好きってことかな?
「うふふ。そうかも知れないですね~。まぁ、ジラしの時間って感じより、回りから中心に快感を集めてくる、って感覚なのかな。そうすると、乳首が敏感になっちゃうんですよね」
なるほど~。いい攻略法頂きました。となると、アソコも同様なのかな?
「うふふ。そうですね。おんなじ感じだと思います。クリ○リスも、回りのほうからジワジワされて、それで、クリ○リスもダイレクトに舐めてもらってって風にしてもらうと、感じちゃいますね」
うんうん。ちなみに、クリ派? ナカ派?
「ナカ派だと思います。クリ○リスも気持ち良いんですけど、ある程度クリ○リスを舐めてもらったら、ナカのほうもして欲しくなっちゃって。イクのも、私、クリじゃなくって、ナカなんですよね」
ほ~! ナカイキしちゃうと! それって、指で?
「はい。指でナカを優しく刺激してもらうと、イッちゃうんですよね。イクときは、クリ○リスと同時じゃなくって、ナカだけを指でクイクイってされてると、イッちゃうんです」
エロいね~。さらに、手マンのコツとしては?
「うふふ。えっとですね。手前のほうが気持ち良いです。で、最初は指1本で、途中から…、まぁ、指の太さにもよりますけど、2本にしてもらったりすると、イッちゃうんですよね」
うんうん! ここも、ジワジワと核心を突くような攻めをって感じだね。
「うふふ! そうですね~。いきなりにダイレクトでグイグイ! って感じじゃなくって、ジワジワと~、ですね。そうすると、噴いちゃうこともあるので。うふふ♪」
潮噴きもしちゃうと! エロい!
「うふふ! 恥ずかしくなっちゃいますけどね。でも、そこまでになっちゃったら、今度は私が~って気持ちが大きくなっちゃうんですよね」
来た来た~。エロKANAMIさんが仕上がっちゃってると。
「うふふ。はい。いっぱい触って舐めて、手先とか足先とかの末端を、ピクピクさせちゃいます」
うひゃ~! 末端ピクピク!
「うふふ。まぁ、吐息とか、表情とかも見てますけど、1番見極めれるのは、そういった手先とか足先とかなんですよね。すっごい感じてる人って、ほんと、ピクピクしてるので」
すごいね~。ちなみに、他に得意技って?
「そうですね~。言葉攻めもしたりしますしね~。たとえば、オチ○チン握りながら、どうして欲しいの~? とかって」
うひゃ~! そんなフレーズも言ってくれるんだ!
「うふふ! まぁ、こういうのも、お客さんの様子見て、言ったほうが興奮してくれるだろうな~って感じたらですけどね」
うんうん! まさに、歯車を合わせてくれると!
「えへへ。そうですね~。そのほうが、最終的に気持ち良いエ○チができますし。やっぱりエ○チって、満足感が大事なんだと思いますし。ただエ○チするだけより、満足度高いエ○チって、誰でもしたいじゃないですか。それは、もちろん私も。なので、そうなれるために、いろんなことを試したいなって」
素晴らしい! これはお客さん、大満足間違いなしです!
「うふふ。ありがとうございます~。まだまだな私ですけど、出来る限り、頑張らせていただきます♪」


[PLAYGIRL/イシガキ]

店舗一覧

  • 川崎エコノミー
  • 川崎スタンダード
  • 川崎エグゼクティブ
  • その他の地域