このページの先頭です

PlayGirl

インタビュー

京都妻

姫のトリセツ♪ ~特別Ver.~

一問一答でお答えいただいたインタビューです。泡姫の取扱説明書としてご利用ください。


Q.誰に似ているといわれる?
「名前の由来もそうなんですけど、E-girlsのAyaちゃん(高本彩)です」
分かる、似てる! ダンスも出来る?
「ダンスは出来ません、カラダ硬いんで」
体の硬さはAyaに勝ってると。
「うふふ、はい、勝ってます」
けっこう小麦肌だね。
「そうですね、でも昔は焼いてましたけど、今は焼いてるわけじゃないです」
あれ? けっこうギャルだった?
「昔は、はい。でした」

Q.最近ハマっている事は?
「なんだろう、趣味はカラオケとかライブとか」
どんなライブに?
「EXILE系とかです」
まさにE-girls。けっこうライブ行っちゃう?
「どこまででも行っちゃいます」
あはは。

Q.休日の過ごし方は?
「お昼の仕事してたり、お出かけしたり」
どんな昼の仕事を?
「サービス業してます」
お店の顔とは違う?
「違いますねぇ」
そんなに稼いで、どうするの?
「今後のために貯蓄してるんです」
へ~。偉いなぁ。

Q.最近、感動したこと
「結構涙もろいから、よく泣くんですけど」
最近では?
「お客様の優しさに触れて泣いちゃいました」
何されて泣いたの?
「優しくされちゃうと勝手に涙が出ちゃうんですよ。ダメですよね」
いいと思うよ。

Q.自分はどんな女の子?
「私は見た目からして小さい分、元気だねとか明るいねって結構言われます。それがギャップだったりするのかも」

Q.宝物は?
「家族ですね」

Q.人生最大のニュースは?
「この業界に入ったことです」
入ってみてどう?
「元々偏見はなかったんですけど、やってみる前と後では全然違ったんで、これまでの仕事で1番合ってる気がするし」
まさか感動して泣いてるなんてね。
「そうですね」
エ○チも変わった?
「元々淡白だったのが、自分の快楽も知ることが出来て、凄く成長できたかなって思います」
自分の性と向き合うことが出来たんだね。
「そうですね」
自分を知った上で、どうなのエロいの?
「エロいと思います。自分で驚いてます」
あはは。

Q.初体験はいつ? どんな男性?
「15才のときにその時付き合ってた彼氏と」
どうだった?
「それまで男性のオチ○チンを見たことがなくて、それでこの立ってるのどうするのかなって。エ○チの仕方が分からなかったんですね。それで、これを入れんのかって衝撃を受けた思い出があります」
凄いね。それまで良く情報が入ってこなかったね。
「全然エロいことに興味なかったんです。体を密着すれば子供ができると思ってましたから」
本当に? 純粋過ぎるでしょう!
「うふふ。だいぶそうですね」
で、最初はどうだったの?
「もうだから怖いし痛いし。もう2度とやらなくていいって思いました」
それが?
「うふふ、自分からになっちゃいましたね」
いつくらいによくなったの?
「最近です。最近になってからですね。お店で知ることができたと思います」
へ~! よかったねぇ。
「前は彼氏の相手をするだけだったんです」
性欲も強くなって?
「なりましたね。足りない感じにさえなることもあります」

Q.日常でムラムラするときっていつ?
「お酒飲むとそうなっちゃうこともありますね」
朝起きて、あれ? ってあった?
「ありましたね。やったか分かんないですけど、裸なんです」
それやってるでしょう!
「うふふ。でも昔に1回か2回です」
お酒に飲まれた?
「飲まれましたね」

Q.人生で一番エロい体験は?
「やっぱりダントツで2輪○です」
※詳しくはラジオでご確認を。

Q.差し入れはなにが欲しい?
「チョコレートとか甘いのが好きです」

今後はどうして行きたい?
「他の人にないプレイができればいいなって思います」
どのあたりをのばそうと?
「やっぱり小ささを活かしたプレイが見つかるといいなって思ってます」


[PLAYGIRL/Pスケ]

店舗一覧

  • 川崎エコノミー
  • 川崎スタンダード
  • 川崎エグゼクティブ
  • その他の地域