このページの先頭です

PlayGirl

体験記事

【エヌ記者の体験投稿】  クラブハウスクィーン オトハ


 記者名
記者名「エヌ」

 遊んだお店・遊んだコース
<店格安> 60分コース

 遊んだ時期
2017年3月

 総評 ※記者の印象です。

・お店の雰囲気
 満足

・泡姫のビジュアル
 普通

・プレイの満足度
 大変満足

 受付から女の子に会うまで
お初にお目にかかります。
吉原ヘビーユーザーのエヌと申します。
普段から吉原プレイガール様を拝見しお世話になっているのですが、ちょっと気分を変えてみようと川崎プレイガール様を拝見していると…、

見つけちゃいました!!
僕の好みのお店!!

そのお店とは、【クラブハウスクイーン】様様です!

そうなんです、僕、格安店が大好きなんです。
だって、最安で言うと、総額1万円台で女の子とエ○チできちゃうんですよ!?
※今回僕が行ったのは、ちょっとしたお小遣いが入ったので15:00~18:00までのAコース60分で20,000円(2017年3月)でしたが、最安値で言うと、~15:00までのコースは50分13,000円なんだとか!!
こんなことって、ありえます?? っていつまで経っても思っちゃいます、僕。

僕も大人になっても暫くはソープのシステムなんて知らなかったんですが、知ってからはもう、ドハマリしちゃいますよね。
男ってまぁ、通常はプライベートで何人かとエ○チした経験を抱えて生涯を終えていくものかとは思いますが、僕なんてもう…○○○人斬りを果たしちゃいましたもんっ!
こんなこと、お店がないと、絶対無理です(笑)。
でも…、決してお金持ちじゃないんですよ? どっちかと言うと、低所得者の分類です。
そんな僕が、3桁の女の子とエ○チ出来ちゃった理由は、そう、格安店様様のおかげっ!

…ということで、なんだか胡散臭い広告のような書き出しになってしまいましたが、
これから少しづつ、世間の皆様にも僕の体験を知って頂き、ソープ界のさらなる繁栄を願って体験投稿デビューを発起した次第でございます(まぁ、あわよくば、無料券まで頂き、さらにソープを楽しませてもらえたらという欲もありつつですが…。笑)

そんなこんなで、あらためましてよろしくお願いします
どうぞ、僕の体験記、ご覧ください!

 女の子の第一印象
癒し系の雰囲気抜群の女の子です。
みんなが大好き巨乳ちゃん!
どど~んと大きなオッパイ、Fカップ!!
このオッパイに包まれたい&飛び込みたい!

 プレイ内容
お店の方に案内され、オトハさんとご対面。
すると…

「こんにちわ~」

と挨拶してくれつつ、自然な流れでさらっと腕組みをしてくれる彼女。
その瞬間、僕の腕に当たるのは、そう、Fカップのオッパイ!
プロフィールを見てFカップであるということは事前に知ってはいたものの、やっぱり実際にそのオッパイの柔らかさを肌で触れると、そりゃあ興奮しちゃいますよ!

だって、普段って日本には、男は勝手にオッパイに触れちゃあダメな法律があるじゃないですか!
それなのに、ソープの中では、治外法権なんですもんっww
僕もそこには調子に乗っちゃって、廊下にある観葉植物を避けるフリして、さらに密着ww
するとさらにオッパイが肘にプニュンップニュンッ!

あ~、最高。
さらにもっと素晴らしいひとときがこれから始まるんだ~、と胸が高鳴ります。

「どうぞ~、この部屋です~」

オトハさんに案内され、靴を脱いで部屋に入ってBッドに座る僕。

「何か飲みますか?」

さっそく気遣いしてくれ、くつろぐ状況を与えてくれる。
案内の手際も良くって、変な緊張感も生まれず、とっても居心地の良さを感じた。

「どうぞ~、お茶です~。改めまして、オトハです」

そう言いながら、オトハさんは、三つ指を突いてご挨拶。
この様子も、高級店に来たかのようなおもてなし心を感じた。
格安店ではあるが、サービス内容は格安ではない。
これは、ソープ界ではよくあることで、客にとっては嬉しい意外性を感じる部分である。

そして、オトハさんは、また手際のよい流れで服を脱がしてくれつつ、気楽に会話もしてくれる。

「今日はお仕事、お休みですか~?(関西方面の訛りで)」

そう、オトハさんは、関西人なのだ。
この関西弁が、僕の中でもヒット!
柔らかい話し方で、さらに緊張感が和らぐ。
方言ひとつあるだけで、相手のステータスの1つを知れた気持ちにもなれ、さらに愛着がわくってもんです。
この時点で、かなり僕は、オトハさんと近い距離にいれている気になっていた。

そんなことを頭の中で思いめぐらせていると、既に僕はパンツ1枚の状態に。

そして、フランクな雰囲気でありつつも、あ~、いよいよ、一線を超えるんだろうなという空気が立ち込めた瞬間…、

「ギュッ!」

…キタ~!!
女の子からの、ハグッ!!
しかも、

「(私、あなたのことを待ってたの)」

的なハグ!!

これで僕、いつも落ちちゃうんです。
その子とのこと、好きになっちゃうんです。
で、息子は元気になっちゃうんです。
やる気マンマンになっちゃうんです!!

そこからさらに、オトハさんはグイグイ積極的になってきて、

「(わたしの服も脱がせて)」

と言わんばかりに、僕の手を彼女が着るワンピースに手をかけさせてくれ、共同作業で、オトハさんの服を脱がす。
さらには、ブラジャー、パンツも脱がせちゃって、僕はパンイチ、彼女は全裸という構図が出来上がってしまう。

目の前に現れたのが、ポヨ~ン! と大きなFカップ!
服を脱がせながらもちょいちょい触れてはいたものの、やっぱり目の前にそれを見るとなると、さらに興奮度は増しちゃいます!
同時に僕の息子もテンションMAX!

「じゃあ、お風呂入りましょっか」

そんな気持ちを彼女は知ってか知らずか、さらにドキドキさせられてしまう、混浴のお誘い。
僕はパンツの中でパンパンに膨らむ息子があって、少し恥ずかしい気持ちもあるのだが、その前に彼女はもう全裸になってくれているので、
ここは男として恥ずかしがっている場合でもなんでもなく、彼女のお誘いに乗って、サササッとパンツを自分で脱いで、一緒に浴室へ移動した。

シャー! とシャワーで手際よく洗ってくれる、オトハさん。
このシャワーさばきで、ソープ嬢としてのテクニックがわかる。
これは、数をこなしたからこその、僕の選球眼。
彼女はなかなかのベテランの部類に入る子だろう。

すると、

「このあとはどうしましょっか? Bッドにします? Mットにします?」

来ました、究極の選択!
今回は60分コースである。なので、Bッド、Mットのどちらか1回戦となるのだろうけど、
ここまでのオトハさんのデータを解析してみると、“積極的”“手際がいい”“ベテラン風な技術力の予感”を感じていたので、今回はMットコースを願い出てみた。

「いいですよぉ~。私も、Mット好きなんですよね。だから、たっぷりしましょうね~♪」

と。
よっしゃ~! 狙い通り! 
実は、Mットというのは、女の子の中でも好き嫌いがあるものなのだ。
なので、やっぱり苦手意識がある子とのMットは楽しさ半減なのは必定。
ただ、今回の、オトハさんは、「Mットが好き」と。ということは、楽しさも2倍になるってもんですよ!

シャワーを浴びさせてくれつつ、そんな会話をしていると、気付けばどんどんと密着度が高いボディ洗いに突入していた。

「あっ、あふんっ。あんっ…」

吐息交じりになってくる、オトハさん。
僕の背面に回って、あの大きくて柔らかいオッパイで、背中を洗ってくれる。

「あっ、あふんっ、あんっ…」

さっきまでの陽気な関西弁とはまた違った、色気たっぷりモードの、オトハさん。
僕の気持ちも、仲良しモードから、大人同士のイケないことしちゃってるモードに頭が染め変えられて行くのを胸の奥で感じていた。

次に、オトハさんが手を伸ばしてきたのが、お尻。
あっ…、そんなとこ、大胆に触っちゃうのね…、といった感じで、アナル付近もサワサワサワサワと。
さらには、大胆に僕を触りつつも、彼女は僕のほうをガン見してくる。
まさに、"反応を見ている"といった状況だろう。

僕はかなり敏感なほう。
だから、ついつい反応しちゃう。
その様子をオトハさんは見て、なんか嬉しそう。

あ~、この子、攻め好きなんだろうなと。
あ~、Mットが好きっていうのも、納得だわ~と。
今日の僕は、いろんな部分でいい方向に全てが転がっているなと感じた。

彼女のボディ洗いはさらに僕の前面にも伸びて来て、

「あっ、立派なもの、お持ちなんですね。うふっ」

と、笑顔で一言。

あ~! 恥ずかしい! でも、興奮する!

女の子にフル勃起したチ○コガン見されて、しかも笑われてる!
でもこの感じ、嫌じゃないww

しかも彼女、その辱めはほどほどにしてくれて、すぐに抱き付いてのボディ洗いに転換してくれる。
なので、そんなに恥ずかしさで追いつめられる気持ちにもならず、程よい辱めと、体感の気持ち良さとを入り交えてくれるのだ。
この辺りも、あ~、すごくバランスの良さを持ってる子だな~と感じられる。

「じゃあ、いったん流しますね~」

そういって、ボディ洗いは終了。
ただ、僕の興奮は超継続中!
早く、もっと気持良くなりたい! もっと彼女のカラダに触れていたい!
そう思っていると、

「Mット、いっぱいしましょうね~」

と一言かけてくれる。

もう、うんっ!!!! である。

完全に彼女の虜になっている僕は、いったん湯船に入るよう促されたので、湯船に入り、温まる。
その間に、彼女はMットの準備かな…、と思いきや、彼女もすぐに後を追っかけて来てくれ、混浴。
そして、歯磨きをし、いよいよ次はMットかな…、と思っていたら、不意に顔を近寄せて来て、チュッとキス。そして、そのままゆっくりと乳首も舐めてくれ、

「じゃあ、腰浮かせてくださいね~。パクッ! レロレロレロ」

うひゃ~! だ。潜望鏡だ!
僕の心は、歯磨きをしていったん落ち着きを見せていたので、次はMットでのあれこれだろうと脳内は駒を進めちゃっていたのだが、まさかその前段階でオチ○チンをパクッ、とされちゃうとは。
これでまた、フル勃起に!

しかも彼女、フ○ラがチョ~上手!
優しい舐め方で、唇でチ○コをハムハムしたり、咥えたままで、口の中で舌先を跳ねさすようにレロレロレロ。
チョ~ソフトなんだけど、刺激的なフ○ラ。

あ~、最高~。
これでもう、イッちゃってもいいかもって思えるぐらい。
でも、それで終らない。今度はなんと、パイズリも!

「あっ、あうんっ、うんっ…。プニュプニュプニュ。気持ち良いですか?」

うんっ!! だ! そりゃあもう、最っ高です! だ!
いろんな行為を、僕の中で勝手にMットまでのお預けとしていたのだが、まさか湯船の中でフルサービスになるとは。

Fカップのパイズリ、最高です。
攻め気になってる彼女の挑発的な視線、めちゃくちゃエロいです。
だって、めっちゃエロいことしてくれてるの、彼女もわかってるはずなのに、

「気持ち良いですか?」

って聞いてくるんだもん。
こんなドエロい挑発、ノックアウトされるの確実でしょう!
彼女、ヤリ手ですよ、マジで。

そして、

「じゃあ、Mットの準備しますね」

と彼女は先に湯船から上がっていった。

あ~、程よい加減で展開するのも上手な子だわ~。

そして、間もなく、

「どうぞ~。まずは、うつ伏せからでお願いします~」

これまた、あっという間に準備完了。
僕のチ○コも勃〇状態を保ったままで、Mットスタートとなった。

この続きとしても、言うまでもないが、彼女はMットはチョ~上手。
というか、心得ている。
彼女のMットの特徴の1つに、まず、MットにL-ションを塗り広げる前に、先に客をMットへ乗せる、というのがある。
これ、以前他の嬢にも聞いたことがあるのだが、MットにL-ションを塗ってないから、客が滑らず、危なくないと。
さらには、Mットに寝そべる客の上からL-ションを垂らすので、その垂れるL-ションを感じるのがまた、エロいと。
これはまさに、僕もそう思う。
このおかげで、Mットの準備も早く済むという優れ業を彼女はやってのけたのだ。
素晴らしい。

そして、L-ションをかけ広げてくれた後、まずは背面滑りから。
この背面滑りも秀逸。
程よい圧力加減で乗ってくれ、乳首が当たる感じ、オッパイの柔らかい感じを同時に感じさせてくれる背面滑りだ。
濃い目に作られたL-ションが、僕とオトハさんの肌でネチャネチャ音を立てている。

エロい。気持ち良い。エロい。気持ち良い。エロい。気持ち良い。最高!!

その後も、僕の足を挟んでのタワシ洗いや、足の裏オッパイ洗い、カエルキックなど、定番の動きも全部気持ち良いし、
いろんな部分をオッパイで刺激してくれつつ、空いてる手は、あっちからこっちからと乳首付近や股間辺りへ多方面から潜り込んでくる、同時攻めも展開してくれる。
これはもう、技術あってこそじゃなきゃできないスゴ技でしょう。
完全にオトハさん、Mット当たりです!

「じゃあ今度は、仰向けになって下さいね~」

そう言いつつ、フォローしてくれながらの仰向けにゴロンッ。
すると、L-ションでヌルヌルになったFカップのオッパイがドーン! と目の前に現れ、少し火照った顔の、オトハさん。

あ~、挿○したい。
彼女のオマ○コにチ○コを入れたい。
もう、僕の頭の中はそれしか考えられなくなっていた。

でも、彼女はまだまだ僕をジラす。

仰向けになった僕の足元へ移動し、太もも下から鼠蹊部、そしてチ○コをハーモニカ舐めしたのちに、ガッツりとフ○ラ。

もう絶えらんない。
暴発寸前、悶えまくり。
これ以上はマジでヤバイと感じているところに、彼女から、

「もう入れちゃいますか?」

と、提案。
ありがたい!

そのまま騎○位で挿○してくれ、ヌッチャヌッチャ、ヌッチャヌッチャと上下してもらっているうちに、僕はもう耐えられずに昇天。

最高過ぎます。
もう、挿○時間云々じゃなく、ここまでに高めてくれての昇天の気持ち良さに感動です。

あ~、やっぱりエ○チって、いいですわ~。
これで20,000円ですもんね。
余裕で毎月の小遣いから捻出できます。

またイカせていただきます。
ありがとうございました。


 【編集部 川崎投稿担当より】
エヌ記者。
初めての投稿ありがとうございました!
どこかのライターさんでしょうか? というくらい記事が上手いですね。
クィーンさんの投稿率は実は高いです。
鶴見駅で1店。やはり皆気になるのでしょうか?
そこにこういう女の子がいるんですね。参考になりました。
また是非お願いいたします。


投稿ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント25p
合計45p

体験投稿ページはこちら
ユーザー体験記事一覧はこちら

店舗一覧

  • 川崎エコノミー
  • 川崎スタンダード
  • 川崎エグゼクティブ
  • その他の地域